ようこそ! ビジター様(ビジター)
 
会員&メッセージを見る 個人ブログ
ブログ
ホーム お知らせ
メンバーズブラザ
トピックスのスライドショー毎日1枚、その日のトピックス写真を表示します。

最新の「顔認証型ごみ箱」

2019年7月23日

北京の最新ごみ箱は「顔認証型」

 「ごみの分別は、文明水準を現す」と習近平国家主席が唱え、国家政策として進められている中国の「ごみ分別」。北京では、住民の意識を高めようと最新のごみ箱が導入されました。

 「こちらのごみ箱、事前に顔を登録しておくと、顔認証システムで自動で扉が開き、ごみを捨てることができます」(記者)

 先月、北京の一部地区で導入された最新の「顔認証型ごみ箱」。アプリで顔を登録すると、カメラが認証し自動でふたが開く仕組みです。手を汚すことなくごみを捨てる事ができるうえ、分別するとポイントがたまり日用品と交換できます。

 「とても便利です」(北京市民)

 「ごみ箱が汚い、異臭がするなど、多くの住民が嫌がっていたから、このごみ箱を設計した。このごみ箱が徐々に住民たちに(ごみ分別の)意識を養うことになる」(ごみ箱の設置業者)

 設置には、1台50万円の費用がかかりますが、政府からの補助金でほぼ賄われ、他の地区でも導入が検討されています。

 その一方で、ごみ箱を利用しない人も・・・
 「出勤で時間がないの!」(北京市民)

 「ごみ分別する住民たちもまだ少ない。(政府が)表向きでやってるだけだよ」(ごみ回収業者)

 またネット上では、「分別して捨てても、ごみ収集車が一緒に処理している」といった指摘もあります。毎年排出されるごみの量は、およそ4億トンで、増加傾向にあるという中国のごみ事情。分別への住民の意識改革が急務です。(22日08:37)




トップページへ戻る

Smatu-net Co., Ltd. Sample Alumnis Demonstration ©2014