ようこそ! ビジター様(ビジター)  
友達&メッセージを見る
メッセージ&会員一覧
オーナーの掲示板
近況報告
ホーム
ホーム

写真アルバム

お知らせ・談話室

トピックスのスライドショー毎日1枚、その日のトピックス写真を表示します。

(2017年09月08日)前日    (2017年09月09日)    翌日(2017年09月10日)

会場を彩る仏画や美人画と描いた鶴田さん

2017年09月09日

美人画と仏画、あふれる魅力 鶴田一郎さん、京都で作品展

 切れ長の目をした美人画で知られる画家の鶴田一郎さん(63)の作品展が、京都市下京区西洞院新花屋町のギャラリーで開かれている。アクリル画を中心に約60点が展示され、魅力的な女性の絵が会場を彩っている。
 鶴田さんは1987年から11年にわたり、化粧品会社「ノエビア」のテレビCMで作品が使用された。一重の目が特徴的な凛とした女性の絵が有名だが、仏画や琳派の日本的なデザイン性がその根底にあるという。
 東京や福岡で長年活動してきたが、2014年に京都へ拠点を移した。鶴田さんは「歴史や伝統がある京都だからこそ、新しいものを生み出せるのではと考えた」と話す。
 作品展では、10年ほど前から本格的に取り組んでいる仏画が注目を集めている。黒と金色を基調として描いた弥勒菩薩(ぼさつ)は、表情や手の動きから慈悲深さを感じさせる。
 CMで描かれたような代表的な絵柄を意識した作品がある一方、ぱっちりとした目で柔和な表情をみせる新作など、多彩な美人画が並ぶ。
 鶴田さんは「CMのイメージが強いかもしれないが、さまざまな表現方法で新しい美人画に挑戦している。今後は屏風(びょうぶ)など、和にモダンさを取り入れた作品もやってみたい」としている。
 10日まで。午前11時~午後6時。入場無料。問い合わせは、鶴田一郎事務所075(353)5355。





引用元の記事はこちら(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00000015-kyt-cul)


トップページへ戻る

All rights reserved to Npo-pico, powered by Alumnis(Smatu-net) ©2016