ようこそ! ビジター様(ビジター)   ログイン
友達&メッセージを見る
メッセージ&会員一覧
オーナーの掲示板
近況報告
ホーム
ホーム

談話室

お知らせ

トピックスのスライドショー毎日1枚、その日のトピックス写真を表示します。

(2018年05月11日)前日    (2018年05月12日)    翌日(2018年05月13日)

新東名の最高速110km/hの区間の速度表示

2018年05月12日

最高110キロ 高速事故増えず

最高速度を110km/hに引き上げた新東名、交通事故や速度違反に変化は?

 高速道路の最高速度(法定速度)と言えば、1961年(昭和35年)からずっと100km/hのままでしたが、2017年11月より新東名高速道路、同12月より東北自動車道のそれぞれ一部区間で試験的に110km/hに引き上げられました。新東名では110km/hになって半年が経過しましたが、最高速度が10km/h引き上げられたことで、交通事故や速度違反の発生件数にどのような変化があったのでしょうか?

新東名110km/h区間の速度表示や追い越し車線を走るトラック

 静岡県警高速隊が5月10日に発表した新東名110km/h区間の交通事故発生状況によると、

・人身事故の発生件数は13件(前年同期比9件減)
・物件事故の発生件数は88件(同11件増)

 これに対し、静岡県警高速隊は「いずれも事故原因は前方不注意などによるもので、最高速度が110km/hに引き上げられたことで起こった交通事故ではない」とのことです。

 ちなみに、静岡県警高速隊は開通後1か月にも同様の発表をしています。

・速度超過が約200件(前年同月約450件)
・追越車線を走り続けるなどの通行帯違反が約280件(同260件)
・車間距離不保持や携帯電話の使用などその他の違反が約60件(同40件)
・人身事故2件、物損事故14件(前年同月人身事故1件、12件)

 試行後は速度違反の取り締まりを強化したため、前年同月と比較すると大幅に速度超過の違反が減っています。

新東名の最高速度110km/hの区間はどこ?

 2017年11月より最高速度が引き上げられたのは、新東名高速道路「新静岡インターチェンジ(IC)から森掛川IC間」の上下線約50kmの区間です。

 筆者(加藤久美子)はこの区間を2017年11月以降、何度か走る機会がありました。110km/hになった感想は「心地よい!」の一言でした。

 横浜方面からは御殿場ジャンクションを過ぎて、新東名に入ります。富士山を横目に見ながら、富士IC、清水ICを通過して、「新静岡IC」の手前で、最高速度110の標識が見えて来ます。

 ここから森掛川ICまでの約50kmが最高速110km/hの区間(2012年に開通)。道路規格第1種第1級の高速道路で、設計上の最高速度は120 km/h(~140km/h)となっているため、片側3車線のゆったりとした作りでカーブやアップダウンも少なく、大変走りやすい道路となっています。


大型トラックは110km/h対象外で80km/hのまま

 2017年11月から最高速度が110km/hに引き上げられたのは、大型バス、中型貨物(一部)、普通自動車、オートバイのみ。大型トラック(総重量8トンまたは最大積載量5トン超)は以前と同様に80km/hに規制されています。

 80km/hと110km/hでは30km/hというかなり大きな速度差があり、この区間では大型トラックなどは一番左の路肩側の車線を走らなければならなりません。

 現在の大型トラックには90km/hのリミッターが装着されているため、それ以上のスピードは物理的に出すことができない仕組みになっています。しかし、実際には大型トラックも追い越し車線に出て走っている状況も多いようです。

 そのため110km/hで爽快に走っていても、すぐに大型トラックの列に追いついてしまうこともあり、新東名新静岡IC~森掛川ICの50kmという区間であっても、110km/hで巡行できる区間は、時と場合によってわずかな区間となってしまっているようです。

最高速度120km/hになる日はやってくる?

 法定速度110km/hは2017年11月から1年間限定で行われる「試行」です。この期間に、交通事故や交通違反の発生件数、交通量など、様々な調査を行い、国の議論を受け、安全性を調査します。

 警察庁では、設計速度120km/hの高規格高速道路において「一定の条件が整えば最高速度を120km/hに引き上げる」方針を示していますが、実現するかは今のところ未定とのことです。

 新東名高速道路のほとんどの箇所では最高速度120km/h(一部140km/h)で走っても問題ない、ということで設計されています。設計速度が高ければ高いほど、道路の設計や設置には費用がかさむ(=税金が多く投入される)ので、1年間の試行で安全性が確認されれば、ぜひ、120km/hに引き上げて欲しいところです。





引用元の記事はこちら(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00010003-kurumans-bus_all)


トップページへ戻る

All rights reserved to Smatu-net Co., Ltd, powered by Alumnis(Smatu-net) ©2017